\\2周年記念//新規入会キャンペーン開催中!今なら登録で1000円クーポンプレゼント!

これで安心!結婚式のおよばれマナー これで安心!結婚式のおよばれマナー
  • メイクは、ドレスに相応しい上品で程よく華やかなイメージに仕上げる。ヘアは、ロングやミディアムヘアの方は、フルアップやハーフアップがおすすめ。ショートやボブの方は、ヘアアクセサリーを使用したり、サイドを編み込んでアレンジするのがおすすめ。ネイルは、淡く優しいカラーにラメやパールを取り入れたデザイン・ヌーディカラーやクリア、フレンチネイルでドレスに合わせやすいカラーがおすすめ。
    【NG】・・・おろしたままのヘアスタイル、ノーメイクや派手すぎるメイク。派手なデザイン・ラインストーンの多用ネイル、黒など濃いカラーのネイル、爪が長すぎるデザイン、花嫁と被るデザイン。親族として出席する場合はそもそもネイルをしないようにしましょう。招待側として控えめにいることがマナーです。

  • 昼間はキラキラを押さえたシックなアクセサリー。パール調がおすすめで、ラインストーンやビーズ素材ならシックなものを選ぶ。
    【NG】・・・花嫁と被るもの(花などモチーフが大ぶりのもの、ティアラなど)。腕時計(時間を気にすることは良くないとされています)。ファー素材のもの。「殺生」をイメージさせるのでダメ。

  • 布製・革製・シルク素材などの光沢のあるもの。花柄やラメ・スパンコールなど華やかなもの。パステルカラーのものがおすすめ。パーティバッグ・サブバッグ以外を会場に持ち込むことは控え、こちら以外も荷物は預けるのがマナーです。
    【NG】・・・大きなバック・普段使いのバック・ブランドバック・紙袋(ロゴ等入ったものも)・ファー素材やヒョウ柄など動物革のものは「殺生」をイメージさせるのでダメ。

  • 3cm以上のヒールがあるパンプスタイプの上品でエレガントなものを選びましょう。二次会や平服指定の場合は、ドレスに合う・オープントゥ・サンダルでも大丈夫。妊娠中など特別な理由がない限り、ヒールの無い平たい靴を選ぶのは避けましょう。
    【NG】・・・サンダル・ミュール・オープントゥ・ブーツ

  • 肌色・ベージュを選びましょう。少しらラメ感のあるものや、同色系の繊細な柄入りがおしゃれ。伝線したとき用に予備のストッキングを準備しておくのがおすすめです。
    【NG】・・・素足・厚手のタイツ・カラータイツ・派手な柄タイツ・網タイツ。黒ストッキングは喪服を連想させるのでダメ。

  • 無地のカラードレスが基本です。柄物の場合は無地っぽく見える同色系。着丈は、膝上5cm~膝下丈。ナイトウエディングの場合は膝上5cm~ロング丈が良い。二次会や平服指定の場合は柄物・バイカラー・パンツドレスでも。
    【NG】・・・白ドレス(花嫁のカラー)・全身黒のコーディネート(喪服のイメージ)・昼間の際は露出の多いもの・キラキラしすぎるものは避ける。

  • 肩の出るドレスは、ボレロやショールを羽織ります。袖付きドレスは羽織なしで大丈夫です。
    【NG】・・・肩が出るドレスを羽織なしで着用するのはいけません。