新規入会で500円クーポンプレゼント!

浴衣商品一覧はこちら 浴衣商品一覧はこちら

浴衣を着る前に準備しておく事

  • 浴衣肌着を着て、浴衣を羽織ります。浴衣の袖を打って同じ強さで外側にひっぱり背の逢い目が中心を通るようにします。上前が真正面にくる位置を決めておいた後、下前を左腰に合わせ、内側に入れ込みます。先ほど決めておいた上前の位置がちょうど前で決まるように合わせます。
  • くるぶしが見えるくらいの丈に調節します。下前は内側の浴衣のはしが7~8㎝、上前の浴衣はしは3~4㎝上げるように重ねるときれいに着れます。左手で上前腰紐の位置を抑えておき、「腰紐」を前からまわして後ろで交差しもう一度前に持ってきてしっかり結ぶ。
  • 「身八つ口(浴衣の脇の下に開いている穴)」から両手を入れ前後の「はしょり」を整える。
  • 右前を三角に整え、先端にクリップをはさみます。前のあわせは、衿合わせは喉のくぼみを隠すくらいがちょうどいいです。
  • はさんだらベルトを左の「身八つ口」から中に入れ、袖の下の穴からベルトを出し、
  • 後ろへグルッと周し、
  • 上前の衿にベルトの片方をさっきはさんだ位置と同じ高さにはさみます。このベルトを着ける事で衿元が着くずれるのを防いでキレイに見せる事ができます。
  • はさんだらベルトを左の「身八つ口」から中に入れ、袖の下の穴からベルトを出し、
  • 後ろへグルッと周し、
  • 上前の衿にベルトの片方をさっきはさんだ位置と同じ高さにはさみます。このベルトを着ける事で衿元が着くずれるのを防いでキレイに見せる事ができます。
  • 後ろの「はしょり」を軽く引っ張り、後ろの衿を調整します。抜き加減はこぶし1つくらいが目安。
  • 「はしょり」をもう一度整えたら着付けベルトの位置に「伊達締め」を巻きます。マジックテープなので便利。
  • 「メッシュ前板」は先に引っかかける部分を持ってきて着用し、
  • グルッと前に持ってくると簡単に着れます。
  • 後ろの「はしょり」を軽く引っ張り、後ろの衿を調整します。抜き加減はこぶし1つくらいが目安。
  • 「はしょり」をもう一度整えたら着付けベルトの位置に「伊達締め」を巻きます。マジックテープなので便利。
  • 「メッシュ前板」は先に引っかかける部分を持ってきて着用し、
  • グルッと前に持ってくると簡単に着れます。
  • 帯は左側からスタートして2周巻きます。
  • 巻き終わったら帯のはしに付いている紐を前でしっかり結びます。片結びにして帯の内側へしまいます。
  • うしろ手に「リボン型帯」の差込み部分を帯の内側に差し、
  • 「リボン型帯」のはしに付いた紐を前で片結びにし、帯の中にしまって完成です!!
  • 帯は左側からスタートして2周巻きます。
  • 巻き終わったら帯のはしに付いている紐を前でしっかり結びます。片結びにして帯の内側へしまいます。
  • うしろ手に「リボン型帯」の差込み部分を帯の内側に差し、
  • 「リボン型帯」のはしに付いた紐を前で片結びにし、帯の中にしまって完成です!!